スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼の名言集(純情編)

本日の嫁のあだ名はメルガヘプは、彼の遺した偉大なる名言の数々に私なりの解釈も入れながらお届けしたいと思う。


彼がこれから未来を生きる若者達に、過去にしがみついて離れられない大人達に伝えたかった言葉をご覧ください。


1927.2.8 (下関)
『私の股間を素手で触れてはいけない』

数ある彼の名言の中でも一番有名で誤解を受けた言葉である。

一見して彼は性病なのか?と疑問を持たれそうな言葉ではあるが、実際彼がこの言葉に込めた真の意味とは、なんだろうか。

そう、彼が伝えたかった真意とは、安易に自分や周りの人に欲求を満たす行為をしてはいけないという事だ。

私利私欲に勝てない者、他人から与えられる物に満足をしてしまう者には、本来求めるべき自己実現は、決して訪れはしない。

そういう内容である。

この言葉に感化され偉大な自己実現を成し遂げた偉人達は口々に言う。

『股間と素手は、使いよう』

まさに的を射た言葉である。


1928.6.7 (金沢)
『巨乳を求めて何が悪い?』

あなたは、今こう思ったのではないだろうか?

前述した『私の股間を素手で触れてはいけない』に矛盾した言葉ではないのかと。

否。

この言葉は、人間の本能に嘘をついたり隠したりしてはいけないという彼の深い真意があるのだ。


この言葉に彼はこんな註釈を入れている。

『巨乳を探して三千里』


もはや、説明は不用だとは思う。

人とは、本能によって突き動かされるのだ。

先日、この言葉についてアメリカの有名な大学で科学的な実験が行われ、こんな実験結果が出た。


この言葉を繰り返し発する事で、その人間のシックスセンス(第6感)が著しく開花し万馬券の山を築いた。

そう、これが彼の言葉のパワーなのだ。


1928.8.25 (函館)
『昨日のホモは今日もホモ』

この言葉を見て『昨日の敵は今日の友』という言葉を思い浮かべた人も多いだろう。

だが、実は彼の言葉の意味とは『昨日の敵は今日の友』を否定する言葉だったのである。

昨日ホモだった人間が今日ノーマルな人間には、決してなれない。

人間の本質とは、過去も未来も変わらないものであるという強い意味が隠されている。

『昨日の敵は今日の友』という言葉の『敵』という部分に彼は人間の本質を見ていない。

個々の価値観が造り上げた、体の良い言葉にすぎない。

自分が敵と見れば誰でも敵である。

ただそれだけ。

その敵と呼ばれた人は、あなたとなんら変わりのない人間だという本質を彼は、知ってもらいたかったのだろう。



ここまで3つの名言をご紹介したが、どれも聞き覚えのある言葉だったのではないだろうか?

まだまだ彼の類い希なる名言を紹介していきたい想いが強いので、後日続編の執筆をしたいと思う。

携帯で打つ事に疲れが出たので今日は、ここで筆を置く事にしよう。



後述

カバルが出来ない状況のため、やむなくこのような内容に偏ってしまっていることに深くお詫びを申し上げたい。

2011.4.23 おんちゃま
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おんちゃま

Author:おんちゃま
名前:ひとし
活動:冥王☆彡10ch
所属:IRIE
職業:WA
LV:174
中身:ニート

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の観覧者数
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
CABALブログランキング
カバルオンライン・攻略ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。